雑線の買取回収リサイクルは千葉県成田市の成田メタルまで
雑線 - 取扱い品目

雑線の買取回収リサイクルは成田メタル(千葉県成田市)まで

成田メタルは、雑線をはじめとする非鉄金属の買取回収リサイクルを行っています。被覆電線は被覆を剥離すると買取価格が上がる可能性がありますが、時間とコスト、変色などのリスクを考慮する必要があります。電線くずは選別されていない状態でも買取可能です。お問い合わせはお気軽にどうぞ。

雑線

「雑線」とは、家庭やオフィス、工場などで使用される様々な種類の電線の総称です。具体的には、LANケーブル、電話線、スピーカーケーブル、コード類、アンテナ線、各種接続コネクターなどが挙げられます。

雑線は、使用される場所や目的に応じて様々な種類があり、種類によってはリサイクルできないものもあります。リサイクルできる雑線は、銅やアルミニウム、真鍮などの金属を含んでおり、不要になった雑線を買取業者に売却することで、金属の再利用につながります。

なお、雑線には種類によっては特定の有害物質を含むものがあり、リサイクルする場合には、環境への影響や安全性に十分配慮する必要があります。特に、アスベストを含む電線やケーブルは、取り扱いに注意が必要であり、専門の業者に依頼することが望ましいです。

雑線の種類と価格の違い

銅線:電気や通信用途で使用される電線の代表格です。銅線は、導電性が高く、耐腐食性もあります。そのため、高価な貴金属と同様に、価値が高くなる傾向があります。
アルミ線:銅線に比べると導電性が劣りますが、軽量かつ加工しやすいため、家電製品や自動車などの部品に使用されることが多いです。銅線に比べて価格が安いため、買取価格も低くなる傾向があります。
鋼線:建築現場などで使用される、強度が高い線です。鋼線は、強度が高いため再利用されることが多いですが、買取価格は低くなる傾向があります。
鉄線:鉄線は、鋼線に比べて柔軟性があるため、さまざまな用途に使用されます。しかし、鋼線に比べて価値が低いため、買取価格も低くなる傾向があります。

雑線

雑線の買取リサイクルについてよくあるご質問

被覆電線は皮を剥いた方が高く売れるのですか?
被覆を丁寧に剥離し、中の銅線のみ(ピカ線と呼ばれることがあります)を買取業者に提供する場合、一般的に買取価格は高くなる傾向にあります。この作業によって、銅の純度が高まり、リ再利用しやすくなるため、価値が上昇します。ただし、被覆を剥く作業には相応の時間と労力が必要となります。また、工具の購入や作業場所の確保など、ある程度の初期投資が必要になる場合もあります。さらに、剥離作業中に銅線が変色したり、傷ついたりすると、その影響で買取価格が下がる可能性もあります。被覆を剥離する際には、これらの点を十分に考慮し、慎重に作業を進めることが重要です。
電線くずは種類ごとに選別されている必要がありますか?
電線くずを種類ごとに事前に選別していただく必要はございません。お客様からお預かりした電線くずは、当社の専門スタッフが丁寧に選別し、それぞれの材質に応じた適切なリサイクル処理を行います。選別作業にお客様自身が時間や労力を割く必要はなく、どのような状態の電線くずでも、安心して当社にお任せください。
なお、選別していただいた電線くずをお持ちの場合、それに応じた買取価格の見直しをいたします。選別の有無による買取価格の違いについては、お気軽に当社までお問い合わせいただければ、詳細な情報を提供させていただきます。
買取の際に必要なものがありますか?
運転免許証などの身分証明書をご持参ください。お支払に銀行振り込みをご希望の場合は口座情報等も必要です。