鉛バッテリーの買取回収リサイクルは千葉県成田市の成田メタルまで
鉛バッテリー - 取扱い品目

鉛バッテリーの買取回収リサイクルは成田メタル(千葉県成田市)まで

成田メタルは、千葉県成田市を拠点に鉛バッテリーの買取回収リサイクルを行っています。自動車用バッテリーやUPS用バッテリー、太陽光発電システム用バッテリーなど、あらゆる形状の鉛バッテリーが買取可能です。お気軽にお問い合わせください。

鉛バッテリー

鉛バッテリーは、蓄電媒体に硫酸鉛を使用しているバッテリーの総称です。乾電池のような使い切りではなく、充電することで繰り返し使うことができる二次電池(充電池)の1つで、鉛蓄電池と呼ばれることもあります。

主な用途は自動車やバイクのエンジン始動用のバッテリーとしての利用で、現在でもほとんどの自動車やバイクに搭載されています。

主な特性として、気温などの環境を問わず安定した性能を発揮できることと、一度に強力な電流を放電できることが挙げられます。これはエンジンをかける際に大きな電流が必要になる自動車やバイクのバッテリーに特に向いています。

また、衝撃によって発火する危険性がほとんどないことや、空になる前に充電を繰り返してもきちんと満タンまで充電される(メモリ効果がほとんどない)という点から、自動車やバイクに好んで使用される理由として挙げられます。

日常使用中での寿命は、自動車用のものでおよそ8年程度、バイク用のものだと3年程度です。繰り返し使用することで、内部の硫酸鉛が結晶化し、充電ができなくなってしまうことがあります。また、プラグ部分の異常(腐食や凍結など)によって、本来の寿命の要因である硫酸鉛の結晶化以外の要因で使えなくなってしまうこともあります。そのため、雨季や冬季には、これらの問題に注意して使用する必要があります。

鉛バッテリー

鉛バッテリーの買取の流れ

不要になった鉛バッテリーは鉛が含まれていないと買い取りができないため、きちんと分別してから店に持ち込む必要があります。重さは、軽いと買い取ることができませんが無料で引き取ってもらえます。鉛バッテリーは自動車や電動自転車、フォークリフトなどで使われ、買取価格はキロ数に応じて決められています。査定金額は状態や需要に応じて決められますが、水などバッテリー以外の液体が混入されたものは引き取りができないため、事前に確認することが大切です。

鉛バッテリーかどうかを見分けるポイントは、鉛の元素記号である「Pb」のリサイクルマークです。これがバッテリーに記載されていたら鉛バッテリーです。 お手持ちのバッテリーが鉛バッテリーだと判明したら、次は回収依頼をお願いしましょう。 地方自治体では回収してもらえないことが多いため、粗大ごみとして出さないよう注意してください。大抵はバッテリー購入店で回収してもらえますが、店舗によって回収費は異なります。当社のような近隣の専門業者にお問合せいただくことがオススメです。

鉛バッテリーの買取リサイクルについてよくあるご質問

鉛バッテリーの買取価格はどのように決まるのですか?
当社での鉛バッテリーの買取価格は、複数の要因に基づいて決定されます。主な要因としては、市場における現行の価格動向、バッテリーの重量、純度、そしてその状態が挙げられます。
また、市場価格は、供給と需要のバランスによって日々変動するため、買取価格にも影響を与えます。
鉛バッテリーを買取してもらうにあたって、どのような形状のものが買取可能なのですか?
当社では、様々な用途や形状の鉛バッテリーを幅広く買取しております。具体的には、自動車用バッテリー、無停電電源装置(UPS)用バッテリー、太陽光発電システム用バッテリーなど、さまざまな種類の鉛バッテリーが買取の対象となります。
自動車用バッテリーは、乗用車やトラック、バイクなど、各種自動車に使用されるバッテリーです。UPS用バッテリーは、主に事業所やオフィスなどで使用される、電源のバックアップとして重要な役割を果たします。また、太陽光発電システム用バッテリーは、太陽光発電によって得られる電力を蓄えるために使用されるものです。
これらのバッテリーが、どのような形状やサイズであっても、当社では買取を行っております。ただし、バッテリーの状態によっては買取価格に影響が出る場合がございますので、事前に状態をお知らせいただけると幸いです。